会社概要・沿革

COMPANY

OVERVIEW

商号 森産業株式会社
所在地 群馬県桐生市西久方町1-2-23
設立 昭和18年4月
資本金 6,000万円
従業員数 406名(グループ全体)
事業内容

きのこ種菌・菌床の製造販売

きのこ栽培施設の設計・施工・資機材販売

きのこ加工食品・飲料の製造販売

きのこ類の生産販売

一般家庭用商品の製造販売

HISTORY

1934年
(昭和9年)
森喜作、しいたけ栽培に関する研究に着手
1936年
(昭和11年)
森産業の母体である森食用菌蕈研究所を設立する
1942年
(昭和17年)
「菌種駒の製造法」の特許出願、しいたけの人工栽培法を完成する
1943年
(昭和18年)
森農場を桐生市西久方町に設立する
1946年
(昭和21年)
森農場を現森産業株式会社に社名変更し、本社を桐生市新宿通りに移転する
1951年
(昭和26年)
マッシュルームの人工栽培に関する特許を取得
1953年
(昭和28年)
しいたけ品種121号発売
1955年
(昭和30年)
フクロタケの人工栽培法の研究に着手する
1962年
(昭和37年)

大分工場を新設する

しいたけの栄養学的研究を始める

しいたけ品種W4号発売

1963年
(昭和38年)
丸クサビ型種駒の生産を開始する
1972年
(昭和47年)

しいたけ品種465号発売

舞茸栽培に成功

1973年
(昭和48年)
財団法人日本きのこ研究所を設立する
1974年
(昭和49年)

舞茸の人工栽培法の確立に成功

本社工場が落成する

第9回国際きのこ会議の開催に協力する

本社を現在の桐生市西久方町に移す

1977年
(昭和52年)
森喜美男2代目社長に就任する
1978年
(昭和53年)
舞茸品種51号発売
1979年
(昭和54年)
「しいたけ茶」「梅茶」を発売する
1980年
(昭和55年)
しいたけ品種252・440・436号発売
1981年
(昭和56年)
しいたけ品種290号発売
1984年
(昭和59年)
ヒラタケ属の細胞融合に成功する
1986年
(昭和61年)
株式会社シンエイ・サービスシステムを設立する
1987年
(昭和62年)

エノキ、ナメコ入り「森のうどん」を開発する

「うま香つゆの素」を発売する

MCシステム栽培法を開発する(らくなーる栽培法他)

1991年
(平成3年)
きのこの「炊き込みご飯の素」発売
1992年
(平成4年)

株式会社ヤクルト本社の種菌事業を譲り受ける

しいたけの菌床事業を開始する

1994年
(平成6年)

ドクターモリのキャラクターを導入する

栄養液含浸法を導入し種駒の性能アップを果たす

キッコーマン株式会社の菌床事業を譲り受ける

1995年
(平成7年)

沼田市に工場用地と建物を取得する

しいたけ品種ゆう次郎発売

株式会社ベルサンテを株式会社白子と合弁で設立し、レトルト食品の製造を本格化する

1996年
(平成8年)
世界初の連続式システムによるしいたけ菌床の製造を開始する
1998年
(平成10年)
有限会社フォーレ白老を設立する
1999年
(平成11年)

グリーンビジネス事業を開始する

しいたけ品種夏実・富富発売

2000年
(平成12年)
森裕美3代目社長に就任する
2002年
(平成14年)
明治製菓株式会社の種菌事業を譲り受ける
2004年
(平成16年)
日本きのこ学会より技術賞を授与される
2006年
(平成18年)
しいたけ品種森XR1号発売
2007年
(平成19年)
加藤食用きのこ研究所と販売業務提携
2008年
(平成20年)

創業者 森 喜作 生誕100年

掛井五郎氏作ブロンズ像「人間の問題 研究V Man」を桐生市に寄贈

2009年
(平成21年)
しいたけ品種「春太」発売
2012年
(平成24年)
モンドセレクション金賞を初めて受賞(うま香つゆの素)
2013年
(平成25年)
フォーレ沼田太陽光発電所を開所
2014年
(平成26年)
フォーレ桐生太陽光発電所を開所
2018年
(平成30年)
有限会社フォーレ白老にてJGAP認証を取得
2020年
(令和2年)
有限会社フォーレ白老にて有機JAS認証を取得
(有機農産物、有機加工食品、有機小分け業者)

CONTACT

お問い合わせやご相談、
お待ちしています